美肌クラブ

乾燥肌、美白、エイジングケア、大人のためのコスメ選び

肌の潤いとベタつきは違う|肌ケア効果は10年後に現れる

公開日:

uruoi_woman

肌ケアで重要なのは「潤い」と言われます。

みずみずしい潤いのある肌を保つことで、キメの整ったハリのある肌になって、肌の若々しさや化粧ノリの良さが保たれるからです。

ただ、よく勘違いされやすいのが、肌の潤いとベタつきです。

潤いのある化粧品を使うと肌がベタつくから苦手・・・という人がいるのですが、それは潤いじゃなくて単なるベタつき。

化粧品が合わないか、安い化粧品を使っているかのどちらかです。

本当に潤いが保たれる肌は、ベタつくことなくみずみずしいハリのある肌に仕上がるからです。

潤いとは角質層内の水分量のこと

潤いは肌表面の水分量ではありません。

もちろん肌表面がみずみずしく潤っていることは重要ですが、濡れていたりベタつくのが潤いではありません。

潤いとは角質層内がたっぷりと水分で満たされていることです。

角質層内には空間があります。
そこに「セラミド」という成分が存在することで、水分が保たれて角質層内が水分で満たされます。

ceramide

角質層内が水分で満たされるから、肌表面がキメの整ったふっくらとした肌になって、触ってもカサカサしないみずみずしさが保たれます。

一方、角質層内のセラミドが少なくなって角質層がしぼんでしまうと、肌のキメも乱れて、一部に寄ったり毛穴が大きく広がってしまうなどの肌トラブルが引き起こります。

潤いが満たされた肌は触っても不快感がありません。当然ベタつきもありません。

触って押し返すような弾力があるし、ベタつきのないしっとり感があります。

潤いをキープする化粧品を使っているのに、肌がベタついたり、ふっくらとした弾力がないときは、化粧品を見なおした方がいいですね。

潤いの持続はセラミドの持続

肌の潤いに欠かせないのがセラミドです。角質層内に水分を保持する働きがあるからですね。

市販の化粧品でも「セラミド配合」の化粧品は数多く販売されています。

セラミド配合の化粧品を使うことで、角質層内に水分が満たされてみずみずしいハリのある肌になります。

ところがこのセラミドは、角質層内に留まる時間が短いという欠点があります。

化粧品で補給したセラミドもすぐになくなってしまうので、潤い効果が持続しないで、すぐに水分を失った乾燥肌になってしまいます。

肌ケアに大事なのは潤いを与えることではなく、与えた潤いをいかに長く持続させるかです。

ライスパワーNo.11で潤いを長く持続させる

潤いを長く持続させるために効果的な成分が「ライスパワーNo.11」という成分です。

ricepower11

化粧品メーカーのKOSE(コーセー)が開発した成分で、米肌という化粧品シリーズに配合されています。

ライスパワーNo.11の特徴は、セラミドを作り出せること。

どうやってもセラミドが長く保持できないから、角質層内でセラミドをどんどん作ってしまおうという発想です。

ライスパワーNo.11は角質層内で長く効果を発揮することができるから、セラミドがどんどん生成されて長い期間角質層内の水分を保つことができます。

角質層内の水分が常に満たされている状態なので、肌のハリや潤いも持続して、肌の調子もどんどん良くなっていきます。みずみずしくふっくらとした肌に生まれ変わります。

肌の潤いはベタつきではありません。

本当に潤いのある肌は触ってわかります。

ぜひ化粧品を変えて「本物の潤い」を体感してみてください。

いつになっても何歳になっても、ふっくらとしてハリのある肌。触っても押し返すような弾力のある肌は取り戻せますよ。

▼本物の潤いを体感!KOSEの米肌トライアルセットはコチラから

 - お肌のトラブル


ページ上部へ