美肌クラブ

乾燥肌、美白、エイジングケア、大人のためのコスメ選び

美白効果のあるハイドロキノンってどんな成分?

公開日:

ハイドロキノンって聞いたことありますか?

聞きなれない人にはなんか凄そうな名前に見えるけど、お肌の美白に興味がある人なら一度は聞いたことがあるかと思います。

ハイドロキノンは高い美白効果があるとして昔から有名な成分です。

でも、このハイドロキノンは市販の美白化粧品や美白美容液には使われていません。

美白効果が高いのに、何で美白化粧品に使われないのでしょうか?

ハイドロキノンは不安定で弱い成分

ハイドロキノンが肌に害があるわけではありません。

一時期、美白化粧品の「白斑問題」で話題になった「ロドデノール」とは違い、肌そのものに悪影響がある成分ではありません。

問題は、ハイドロキノン自体が不安定で弱いこと。

酸素や光に対して不安定で、本来の美白効果がすぐに失われてしまう弱さがあったり、肌に刺激があるなど、なかなか製品化できない現状がありました。

そのため、従来の美白化粧品では使われなかったのがハイドロキノンです。

新安定型ハイドロキノンで美白効果そのままに!

最近、ハイドロキノンという言葉が流行りだしたのは、アンプルールが開発した「新安定型ハイドロキノン」という成分がきっかけです。

従来のハイドロキノンと、それを安定させるための「BCDAC」という物質を合成させてできた新型の分子錯体で、酸化しにくく光や熱にも強い成分です。

bcdac

肌に対する刺激もなくなり安定して美白効果が持続されるので、美白化粧品として商品化することに成功しました。

新安定型ハイドロキノンの美白効果とは?

ハイドロキノンは、一般的な美白成分に比べて100倍の美白効果があるとされています。

その理由が「メラニンの合成抑止効果」です。

肌のシミ・ソバカスは、肌の最下部にあるメラノサイトと呼ばれるところで、メラニンが合成されることによって現れます。

melanin_01

メラニンは紫外線などの外部の刺激から体を守るために必要な成分ですが、年を重ねて肌がターンオーバーすると、必要がなくなったメラニンがなかなか消えずに、そのまま肌に沈着するようになります。これがシミ・ソバカスの原因です。

従来の美白成分は、増加してしまったメラニンを還元して薄することで美白を実現してきました。

新安定型ハイドロキノンは、メラニンが過剰に生成される前に、メラニンの合成の元となるチロシンとチロシナーゼの活性を抑えて、メラニン自体の過剰合成を防ぐことで美白を実現しています。

melanin_02

一度生成されてしまったメラニンを消すよりも、メラニンの生成自体を防ぐ方が美白効果が高いため、従来の美白成分よりも100倍効果があると言われています。

アンプルールのLuxury White(ラグジュアリーホワイト)

新安定型ハイドロキノンが配合されている美白化粧品が、アンプルールのLuxury White(ラグジュアリーホワイト)シリーズです。

luxurywhite_top

新安定型ハイドロキノンの美白効果の他に、抗酸化作用に優れた4つの成分がカプセルになった「AOカプセル」といった成分も配合されています。

カプセルに含まれている成分は

・速効性ビタミンC誘導体
・α-リポ酸
・レスベラトロール
・マキベリーエキス

の4つの成分。

肌の酸化を防いで老化防止(アンチエイジング)効果があるのとともに、肌の潤い・ハリ・弾力といった老化の根本原因となる現象を防いで、ふっくらとしたみずみずしい肌を保つ効果があります。

肌の老化が抑えられるとメラニンの過剰合成も抑えられるので、より大きな美白効果が期待できるようになります。

▼驚く美白効果「アンプルール」のトライアルセットはコチラ

 - ラグジュアリーホワイト, 美白効果の秘密


ページ上部へ