美肌クラブ

乾燥肌、美白、エイジングケア、大人のためのコスメ選び

カサカサ粉ふく乾燥肌対策!内側から保湿ケアを

最終更新日: 公開日:

woman_nayamu_03

12月に入ると季節も一気に冬モード。

湿度が極端に低くなって、風が強くなって・・・お肌には厳しい季節です。

外にいなくても、家の中でも乾燥しますよね。やっぱり乾燥ってお肌によくないです。

この時期になると、乾燥肌体質の私は一気にお肌の調子が悪くなって、カサカサと白い粉までふくようになってしまいます。

肌が荒れて粉っぽくなって、化粧ノリも悪くなるし、なにより肌荒れするから痒くなったりもします。乾燥肌持ちにとっては最悪の季節が冬です。

常に湿気があればいいけれど・・・

常に湿気があればいいけど、なかなかそうはいかないですよね。

芸能人やモデルさんだと、部屋中に加湿器を置いて肌の乾燥を防いでいるそうです。

kasitsuki_01

まあ確かに、夏場並みの湿気があれば、肌もそこまで乾燥しないですからね。

一般の私たちがそれをやるのはちょっと難しいです。

日々の生活をしていれば外にでることだってあるし、何より家の部屋という部屋に加湿器を置く余裕はありません。せいぜいリビングか寝室程度です。

でも、加湿器で冬の乾燥に対抗するためには、それこそ部屋中という部屋に加湿器を置く必要があります。

洗面所でもお風呂場でもクローゼットでも、とにかく乾燥しない時間をいかに長く続けることができるかが、乾燥肌対策のカギとなります。

・・・ただ、

それって、ほとんど不可能ですよね。

化粧品での保湿なら続けられる

乾燥肌を防ぐほどの保湿は、加湿器だと難しいけど、化粧品なら常に保湿することができます。

maihada_02

冬場の乾燥と、外の厳しい風の強さから肌を守るために、乾燥肌対策の化粧品があります。

周りの環境が乾燥しだすと、極端に肌の調子が悪くなります。

それは、周りが乾燥することで、肌の水分がどんどん奪われていくから。

湿度があるときは、肌の水分もそれほど蒸発しなかったのに、周りの湿度がなくなると、肌からどんどん水分が蒸発していきます。

だから肌が乾燥するし、白い粉がふくし、外部の刺激にも弱くなるんです。

乾燥肌対策の化粧品を使うと、潤い効果のある成分が肌を覆ってくれます。

うるおい成分が肌をコーティングするようにガード役になるので、肌の水分の蒸発を防いで、外の刺激からも守ってくれます。

肌内部の水分量も重要

さらに、肌内部の水分量も重要です。

肌の水分が蒸発されると、それを補うために、肌内部の水分がどんどん肌表面に出ていきます。肌表面では次から次へと水分が蒸発するので、肌内部の水分量も少なくなります。

肌内部の水分量が少なくなると大変です。

ハリのあるふっくらとした肌を維持しているのは、肌内部(角質層内)の水分のおかげです。

ceramide

この角質層内の水分が不足するということは、キメが崩れやすくなって、肌のハリもふっくらとした感覚も失われていきます。

しわ・たるみの原因となったり、ハリのないカサカサとした荒れた肌をさらにひどくしてしまいます。

そのため、乾燥肌対策を考えるときは、肌内部、角質層内を水分で満たすことが重要になります。

角質層内を水分で満たす方法とは?

角質層内を水分で満たす化粧品はたくさんあります。

いわゆる「セラミド」が配合されている化粧品は、すべて保湿効果が高い化粧品です。

ですが、角質層内の水分を長い間保持するとなると話は別。

セラミドは肌内部ですぐに効果がなくなってしまうため、水分を保持できるけど、長く保持し続けることが難しいんです。

そのため、水分を長く保持することが化粧品は限られてきます。

今の主流は「セラミドを肌内部で生成できる化粧水」です。

セラミド自体は効果が短いけど、セラミドを肌内部でどんどん生成できれば、結果としてたっぷりの水分を長く角質層内に保持することができます。

参考:セラミドを作り出すことのできる化粧品「KOSE 米肌」のレビュー

====

白く粉ふく乾燥肌は、化粧ノリも悪いし見た目も悪くなります。

なにより肌が荒れたりダメージを受けやすくなるので、肌の老化が早まって、しみ・しわ・たるみといった肌トラブルを早めてしまいます。

冬の乾燥肌対策は要注意!

ぜひ、乾燥肌対策の化粧品でしっかりケアしてみてください。

今のケアが、5年後10年後の肌に差をつけますよ!

>>【公式サイト】KOSE「米肌」トライアルセット!<通販限定・送料無料>1,500円

 

 - お肌のトラブル, 乾燥肌


ページ上部へ