美肌クラブ

乾燥肌、美白、エイジングケア、大人のためのコスメ選び

入浴中に乾燥肌が進む!?お風呂あがりはすぐに保湿ケア

公開日:

woman_ofuro

お風呂に入ってお湯に浸かっていると、肌が保湿されて乾燥肌にはいい気がしませんか?

常にお湯や湿気で濡れていれば、肌にも潤いが浸透するような気がしますよね。

でも実は、お風呂に入っている時こそ乾燥肌が進みます。

そして、入浴後にいかに早く保湿ケアをするかで、乾燥肌になるか潤いのあるみずみずしい肌をキープするかが変わってきます。

入浴中は汗でお肌の水分も逃げていく

入浴中は体の水分が想像以上に逃げていきます。

suibun_nigeru

主に汗としてお肌の水分も逃げていくのですが、特に湯船に浸かっている時は要注意です。

湯船から上がる湿気で、一見お肌にスチームを当ててるような気分になりますが、湯船の湯気で保湿効果はありません。

むしろ温かいお湯に長く浸かることで、体の水分はどんどん逃げていきます。

すると、肌表面だけ濡れていて、肌内部の角質層の水分は乾いてカラッカラの状態になってしまいます。

入浴後の素早い保湿ケアが肌状態を決める!

一番注意しなければいけないのが、入浴直後です。

お風呂から上がって顔の水分を吹くと、急激にお肌は乾燥します。

もともと角質層に水分が無い状態だし、入浴中の洗顔でお肌表面も多少ダメージを受けています。

入浴直後はとにかく早く保湿ケアすることが重要です。

woman_hadacare

お肌表面も角質層も水分が足りない状態なので、保湿成分配合の化粧水を塗ることで、すぐに吸収します。

入浴後の保湿ケアは、少し多めの化粧水で保湿しましょう。量をケチってはいけません。

また、角質層は水分が足りない状態が続いていたので、保湿したそばからどんどん水分が逃げていきます。

そのため、保湿ケア化粧水としては、

セラミドが多く配合されている化粧水

セラミドを作り出すことのできる化粧水

を使用するようにしましょう。

セラミドは、角質層内で水分を保持してくれる働きがあります。

普通に保湿成分で水分を補充するよりも、何倍もの保湿効果を発揮してくれるので、保湿ケアにはセラミドは欠かせません。

できればセラミドを作り出す成分を使いましょう

入浴後に最適な化粧水は「セラミドを自ら作り出すことのできる化粧水」です。

セラミドを作り出す「肌潤化粧水」ricepower11

セラミドは効果の持続性が弱くて、すぐに効果が消えてしまいます。

角質層内での水分保持能は高いのですが、持続性がないので常にセラミドを補充しなければなりません。

一日に何度もセラミド配合の化粧水を塗ることが理想ですが、正直、そこまでのケアはなかなか難しいものがあります。

そこで保湿ケア化粧水には、セラミドを作り出すことのできる化粧水が必要になってくるのです。

セラミドの効果に持続性がなくても、角質層内で新しいセラミドがどんどん生成されれば、セラミドが長く持続していることと同じになります。

セラミドの効果が長く持続すれば、角質層内の水分も保持されることになるので、急激な水分不足による乾燥肌も防いでくれます。

>>セラミドを作り出すおすすめ化粧水の効果はコチラ(内部リンク)

入浴後の保湿ケアは重要です。

それだけで、カサカサとした乾燥肌になるか、潤いのあるみずみずしい肌になるかが決まります。

乾燥肌などの肌トラブルは、5年後10年後に圧倒的に差がでます。

シミやシワといった、見た目の老化を防ぐためにも、乾燥肌対策を徹底しましょう。

お風呂あがりにセラミドを作り出す化粧水。おすすめですよ!

 - お肌のトラブル, お肌のコラム, 乾燥肌


ページ上部へ