美肌クラブ

乾燥肌、美白、エイジングケア、大人のためのコスメ選び

アトピー性乾燥肌の徹底対策

公開日:

woman_kayumi_01

乾燥肌にもいろいろあって、秋から冬の乾燥しやすい時期にかけて乾燥することもあれば、アトピー性乾燥肌のように一年中乾燥してる場合もあります。

私は、幼少の頃からアトピー性乾燥肌でした。

大人になってかなり症状が緩和してきたけど、それでも一年中乾燥しています。もちろん湿気の多い夏でもカサカサするし、唇もリップクリームが欠かせません。

一年中乾燥するアトピー性乾燥肌は本当に厄介。

汗をかいても、化粧をしても常に乾燥肌のことを気にしなければならないからです。

アトピー性乾燥肌でも潤いのある肌になる!

今は、化粧品や化粧水の研究も進んでいて、アトピー性乾燥肌にも、刺激の少ない乾燥しない化粧品がたくさん販売されています。

「しっかり対策すればアトピー性乾燥肌でも潤いのある肌をキープできる」というのが、今の化粧品、化粧水の力という印象です。

私の注意している点と対策をご紹介します。

肌に優しい化粧品を選ぶ

化粧品は肌に優しい化粧品を選びましょう。

当たり前すぎることなのですが、意外と化粧品選びで間違っている人は多いです。

アトピー性乾燥肌の人は、同時に敏感肌でもあることが多いです。

そのため、選ぶ化粧品は「アレルギーテスト済」と明記してあるものや「防腐剤無添加」などの、できるだけ化学薬品が少ないものを選びましょう。

化粧品への刺激が、乾燥肌を一層ひどくしてしまいます。

また、化粧の基本となるファンデーションは、粉物よりもリキッドタイプかスティックタイプのものを選びましょう。

liquid_fand

粉タイプのファンデーションは、粉自体に吸水性があるのでどうしても乾燥しやすくなります。

湿度があって汗をかきやすい季節なら粉タイプのものでもいいのですが、アトピー性乾燥肌の人が一年中使うことを考えると、水分のあるリキッドタイプがおすすめです。

基礎化粧水はたっぷりつける

乾燥肌の基本「基礎化粧水はたっぷりつける」

これはアトピー性乾燥肌でも一緒です。

洗顔後やお風呂あがりなど水分が蒸発するときは、お肌の内部の水分も一緒に蒸発します。

水分がなくなって肌がカサカサ状態になる前に、たっぷりの化粧水をつけて潤いをキープさせます。肌が吸収しやすい状態のときにすぐにたっぷりつけるのがポイントです。

ただし、アトピー性乾燥肌の場合は、化粧水のつけ過ぎにも注意が必要です。

適度な量とつけ過ぎの境界線がなかなか難しいのですが、アトピー性乾燥肌の場合、化粧水が合わなかったりつけ過ぎたりすると、逆に肌荒れの原因となって乾燥肌を引き起こします。

化粧水によるトラブルを防ぐためにも、化粧水選びは特に重要になります。(後述)

日中もこめまに乾燥肌対策をする

昼間でも、「肌が乾燥しているな」と感じたら、すぐに対策することが重要です。

化粧している上から化粧水を塗ることはできませんが、霧吹きタイプの容器に化粧水を入れて、メイクの上からスプレーするだけでも効果があります。

ミストなら、少ない量で肌全体に行き渡るし、ファンデーションの上からスプレーしても、メイクが崩れたりよれたりしないのでおすすめです。

乾燥肌対策の化粧水選びが重要

アトピー性乾燥肌対策として、化粧水をたっぷりつけることは重要ですが、使う化粧水選びはもっと重要です。

というのも、肌に合わない化粧水を選んでしまうと、たっぷりつけることがかえって逆効果になってしまうからです。

アトピー性乾燥肌は、自分で使いながら使用感を試していくしかないのですが、基本的に乾燥肌対策の化粧水を選ぶようにしましょう。

美白化粧水やアンチエイジング効果のある化粧水とは、成分がかなり異なるので、同じ化粧水といっても、化粧水選びは慎重に行ってください。

おすすめ乾燥肌化粧品「米肌シリーズ」

アトピー性乾燥肌の私でも相性のいい化粧品が、KOSEの米肌シリーズです。

maihada_02

乾燥肌対策として有名な化粧品ですが、アトピー性乾燥肌にもその効果は抜群です。

一年中乾燥してた肌も、いつでも潤いを保つようになったし、刺激が強くないので、化粧水をたっぷりつけても荒れることがありません。

肌がカサカサ乾燥しないので、化粧ノリもよく顔の発色も明るく健康的になります。

私は、アトピー性乾燥肌持ちということで、いろいろな化粧品の相性を試してきましたが、今は米肌を気に入って使ってます。

もちろん、同じアトピー性乾燥肌でも、合う合わないの個人差があると思うので、トライアルセットを購入して2週間くらいテストしてみた方がいいと思います。

>>【公式サイト】KOSE米肌14日間トライアル 1,500円【送料無料】

米肌が自分に合えば、あとはその化粧水をたっぷり使うだけ。

一年中カサカサして痒みを伴うような乾燥肌も、潤いのあるキメ細かい肌に生まれ変わりますよ!

 - お肌のトラブル, 乾燥肌


ページ上部へ