美肌クラブ

乾燥肌、美白、エイジングケア、大人のためのコスメ選び

季節の変わり目におこる「ゆらぎ肌」とは?

公開日:

woman_kisetsu

ゆらぎ肌とは、季節の変わり目などで朝晩の寒暖差が激しくなったり、湿度や日差しが変わる時期に、肌の状態が敏感になっている状態を言います。

具体的には、テカリ・ニキビ・乾燥肌(カサカサと荒れた肌)といった肌トラブルが起こります。

ゆらぎ肌というと「春先」というイメージですが、季節の変わり目となる秋や冬にも起こります。そして油断しがちなのも秋冬です。

今回はゆらぎ肌を予防するためのポイントと、ゆらぎ肌になった場合のスキンケアについてご紹介します。

ゆらぎ肌の原因とポイント

ゆらぎ肌は顔の肌全体に起こる肌トラブルですが、なかでも額と鼻の「Tゾーン」とフェイスラインとなる「Uゾーン」にテカリ・ニキビ・乾燥肌といった症状が発生します。

普段は肌トラブルが少ない人でも、季節の変わり目になるとTゾーンやUゾーンの肌が荒れる、ニキビができるという人は「ゆらぎ肌」です。

それぞれの原因とポイントをみていきましょう。

Tゾーンの原因とポイント

woman_tzone

Tゾーンは皮脂腺が多く、普通のノーマル肌でも皮脂量が多くなりがちです。

そこに季節の変わり目の刺激があると、肌を守ろうとして皮脂が通常以上に分泌されます。これがテカリの原因です。

ここに外部からのチリやホコリといった汚れが溜まって、ニキビや黒ずみが出てしまいます。

そのため、季節の変わり目には、

いかにTゾーンの皮脂量を抑えるか

がポイントになります。

Uゾーンの原因とポイント

woman_uzone

UゾーンはTゾーンと逆に、皮脂の分泌量が少ない部分です。

季節の変わり目の刺激にもともと弱くて、寒暖差や乾燥から肌を守りきれなくなってしまうため、すぐに肌がカサカサと荒れてしまいます。特に大人になってから症状が出やすい部分です。

そのため、季節の変わり目には、

いかにUゾーンを乾燥させないか

がポイントになります。

ゆらぎ肌の対策とケア

TゾーンもUゾーンも、ゆらぎ肌対策は一緒で、いかに適切に保湿できるかがカギとなります。

Tゾーンの対策とケア

Tゾーン対策は、分泌量の多い皮脂を取り除いて抑えること。

まずは毎日の洗顔で毛穴に詰まった皮脂や汚れを取り除くことが重要です。

そして洗顔した後に大事なのが保湿。

洗顔料で顔を洗うと、肌に必要な皮脂も落ちてしまって、一時的に乾燥状態になります。

その状態で放っておくと、体が肌を守ろうとして過剰に皮脂を分泌してしまい意味がありません。

そのため、洗顔後は素早く化粧水で潤いをチャージして、保湿クリームで潤いをキープすることが適切なTゾーン対策になります。

洗顔と保湿に最適な化粧品はコチラ

Uゾーンの対策とケア

Uゾーンの対策は、とにかく肌を保湿することです。

Uゾーンのニキビ・肌荒れは、全て肌の乾燥が原因です。

化粧水や保湿クリームに加えて、保湿効果の高い美容液や乳液なども使用するとより効果的です。

また、Uゾーンは日頃の生活環境の影響も出やすい部分です。

ストレスが重なったり食生活が乱れると、すぐに肌トラブルとしてでるのもUゾーンの特徴です。

そのため、暴飲暴食を控えたり、規則正しい生活リズムを作ることも重要なUゾーン対策になります。

→保湿効果の高い美容液の保湿化粧品はコチラ

ゆらぎ肌を抑えることが肌トラブル対策の第一歩

肌トラブルに悩む人の多くは、季節の変わり目で症状がひどくなります。

そのため、肌トラブルの第一歩は「いかに季節の変わり目のゆらぎ肌を防ぐか」がカギとなります。

ゆらぎ肌は、小じわ・しみ・くすみといった、美容といった部分の肌トラブルの引き金にもなる肌トラブルです。

ニキビやテカリだから・・・と甘く見ないで、季節ごとにしっかりゆらぎ肌ケアをすることが、5年後10年後の肌の若さの差につながります。

 - お肌のトラブル, ゆらぎ肌


ページ上部へ